Q&A

◆メールセッションについてのご質問◆

Q:どんな人でもセッションを受けることができますか?

 

A:メールを使用してのセッションになりますので、パソコンが必要になります。

100%自分原因説で自分で思考を探っても行き詰まってしまう、今の現実を変えたい!と真剣に自分と向き合う準備ができた方は、個別メールセッションをおすすめいたします。

 

「自分が変わって、自分の手で人生を創る」と決められた方は、セッションをお受けいただけたらと思います。

 

ただし、「自分は変わりたくないけれど、周りの人には変わってほしい」とお考えの方や、「自分は被害者だ」と思っていたい方はまだセッションをお受けいただくタイミングではありません。

ご自身のベストなタイミングでお申込みいただけたらと思います。

 

また、セッションでは自分の心と深く向き合っていきます。

心療内科や精神科で治療中の方やお薬を服用させている方につきましては、症状に影響が出てしまう可能性がありますので、セッションをご遠慮いただいております。ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

なお、ご相談内容によってはお受けできないこともございます。

 

 

 

Q:セッションではどのようなことをしますか?

 

一度きりではなく、長い時間をかけてじっくり思考を読み解いていくセッションでは、今までの自分がどういう思考を送り出して、どういう現実を受け取ってきたかということを実感していただくために、専用のシートをお作りし様々な質問にお答えいただきます。

 

メールでのセッションですので、面と向かっては言いにくい誰にもいえない悩み、心の奥にある気持ちなど安心してお書きいただけます。

なぜそうなったのかということを、今までの人生を総合的にみて解決に導きます。

  

 

 

Q:携帯電話やスマートフォンでセッションを受けることはできますか?

 

A:メールセッションは、Wordを使って作成したセッションシートを使用し、進めていきます。

セッションが進むにつれて枚数が多くなり、最終的には100枚以上になることがほとんどですので、パソコンを使用できる環境下でのセッションをお勧めいたしております。

現在、文字化けなどのトラブルを避けるため、現在携帯電話やスマートフォンを使用してのセッションのお申し込みはお断りさせていただいております。

 

 

 

Q:セッションを受けたらどれくらいで現実が変わりますか?

 

A:じっくりと時間をかけてご自身に向き合っていきますので、セッション中に変化がみられる方もいらっしゃいます。

思考の現実化は、ご自身の潜在意識に蓄積された過去の思考量によるところが大きいため個人差はありますが、セッションでは意図的に思考を送り出す方法も学んでいきますので、思考の現実化のコツをつかみ、現実が変化しやすくなります。

 

 

 

Q:私でも変わることができますか?

 

A:あなたが変わると決めたら、確実に変わることができます。

ただし、「セラピストに自分を変えてもらいたい」という、他力本願な思考があるとうまくいきません。

「自分を変えることができるのは自分だけ」「私が自分の現実を変えるんだ」と覚悟を決められた方向けのセッションとなります。

もちろん、セラピストである まき は、そんなあなたを全力でサポートし、ナビゲートをいたします。

 

 

 

◆お支払いについてのご質問◆

Q:セッション料金の分割払いは可能ですか?

 

A:申し訳ございませんが、分割でのお支払いはお受けいたしておりません。

お支払方法は一括払いのみとさせていただいております。

   

 

 

◆キャンセルについてのご質問◆

Q:セッションを申し込んだ後にキャンセルをしたい場合は?

 

A:セッション前の自己都合によるキャンセルにつきましては、事務手数料として5,000円を差し引いた金額にてご返金させていただきます。

尚、トラブルを避けるため、セッションがスタートしてからのキャンセルは承っておりません。

あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

◆個人情報や機微情報の取り扱いについて◆

Q:相談内容が漏れてしまわないか心配です。

 

A:あなたの大切な個人情報や機微情報のお取り扱いについては、「個人情報保護への取り組みについて」にもありますとおり、最大限の努力をしてまいります。

 

セラピストには守秘義務があり、ご相談内容については一切他言いたしません。

ホームページやブログでご感想を掲載させていただく際には、必ずご本人から許可をいただいたうえで、差し支えない内容で掲載をさせていただきます。

 

また、セラピスト まき のパソコンセキュリティ状況ですが、セッションに使用するパソコンにはウイルス対策ソフトを導入済みです。

また、ファイル交換ソフトは一切導入いたしておりません。